インターフェロンが効かないC型肝炎の情報を集めました

紅豆杉の基礎知識

  • HOME »
  • 紅豆杉の基礎知識

類を見ない生命力

地球最古の最も貴重な仙樹と言われている雲南紅豆杉。
驚くことに、約二億年前の恐竜が栄えていたと言われる中生代から厳しい大自然の風雪に耐えながら、太古のままの姿で生き延びている樹木なのです。

雲南省に自生する雲南紅豆杉は中国の宮廷で紀元前から使われていた仙樹であることで知られております。

また平均樹齢3,000年という類を見ない生命力をもつのもこの紅豆杉の特徴です。
雲南紅豆杉は雲南省の山岳地帯、植物が生息できうる限界海抜をはるかに越えている海抜3,300mから4,100mという極寒の高原地帯に原生林のまま群生しているのです。

海抜3,000mを超える場所は一般的に「森林限界」と言われております。通常はこれ以上の高地では高木が見られないはずなのです。

また、気温は海抜が100m上昇するたびに約0.65度下がると言われております。
その為、平均気温が零下までになる海抜3,000m以上の場所では植物の生存は厳しく生息の限界とされているのです。

しかし雲南紅豆杉は、なんと富士山の頂上よりも高いところにも生息しています。
これは生命力の強さを示していると言っても過言ではないでしょう。
地球上の樹木の中で一番海抜の高い場所に自生しているだけではなく、高山植物として非常に珍しい高さ、大きさを誇る雲南紅豆杉。
平均樹高約21m・平均幹周5.6m・平均寿命約3,000年という生命力の塊のような樹木なのです。

※最古の雲南紅豆杉は樹齢10,000年を超えるものもあるのではないかと推測されております。

近年の研究により、砂漠地帯や高山など過酷な環境で生息する生物ほど、生命を支えるための特殊な生物活性物質を体内に持っていることが明らかになってきております。
雲南紅豆杉はまさにこれに当てはまる樹木なのです。

不老の仙薬 王室専用だった貴重な仙樹

雲南紅豆杉は中国において秦の始皇帝の時代より「不老不死」を願い、歴代の王朝で王室専用の仙樹として重宝され、愛飲されてきました。最近になり、その時代に紅豆杉や塩が【不老の仙薬】に名を連ねていた事が明らかにされました。

実は雲南紅豆杉が日本に初めて入ってきたのはかなり古く、隋の王室から日本の皇室への贈り物としてもたらされたと言われています。

また聖徳太子が紅豆杉を「笏」として用いたとも言われています。

歴代の中国の王室で重宝された雲南紅豆杉ですが、実は現代において世に出ることはありませんでした。
この貴重な雲南紅豆杉を保護する為に中国政府は【国家一級保護植物】に法律で指定し、伐採・売買を禁じたのです。

時は流れ1945年頃、第二次世界大戦後の頃から少し風向きが変わります。
中国政府は雲南省に住む少数山岳民族の協力を得て、植林事業を開始するのです。

そして当時植えられた苗が数十年経過し、幹の直径が7~8cmの幼木に育ちました。
これで絶滅回避の見通しがついたということで、中国政府は日本とアメリカに限り外貨獲得、研究推進の目的で雲南紅豆杉の限定輸出を許可することになったのです。

また、1956年以降に開始された研究によって紅豆杉の薬効に脚光が当てられ、解禁が強く求められたことも非常に深く関係していると考えられています。

 

摂取方法

雲南紅豆杉は錠剤(エキス粒)タイプ、お茶タイプの2種類が発売されており、それぞれ特性がございます。

お茶タイプ

雲南紅豆杉100%の天然樹木茶(保存料や着色料を一切添加しておりません)

お茶タイプは細かく粉砕し木屑状になった紅豆杉をティーバッグにしてあります。ティーバッグをカップなどに入れて熱湯をそそぎいれましょう。時間が経つごとに赤く色付いてきますが、これはポリフェノールが含まれているための発色です。

赤い色が出なくなるまで繰り返し使ってください。

やかん等で煎じる場合、1リットルのお水を沸騰させます。沸騰後ティーバッグを適量(1~3袋)入れ中火で4~5分煮出します。4~5分経過で火を止めて必ずティーバッグを取り出してからお飲みください。
※ティーバッグを入れっぱなしにすると成分がティーバッグに戻ってしまうことがあります。
※雲南紅豆杉には揮発性の有効成分が含まれている為、長時間煮出さないようご注意ください。

お茶タイプはお医者様に水分をしっかり摂取するよう言われている方にお勧めです。

粒タイプ(錠剤タイプ)

粒状のサプリメントに紅豆杉のエキスを配合した商品です。この錠剤タイプ一包(6粒)で2gのお茶タイプのティーバッグ2.5個分のエキスが含まれています。

紅豆杉の成分をしっかりと摂取したい方、お茶を煎じる時間がない方、また水分の摂取制限をお医者様に指示されている方にもお勧めのタイプです。

 

 

PAGETOP